MUSIC

CAN

CAN

 

カン(CAN)は、1968年に西ドイツで結成。のちの多くのバンドやアーティストにジャンルを問わず多大なる影響を与えている。

ビートルズやストーンズなどのロックミュージックとは違った独自のアバンギャルドで通ごのみな音楽性を有している。

当時のメンバーは、イルミン・シュミット、ホルガー・シューカイ、ヤキ・リーベツァイト、ミヒャエル・カローリのドイツ人と、アメリカ人デイヴィッド・ジョンソンで「インナー・スペース (The Inner Space)」の名で活動していた。

イルミン・シュミット(キーボード他)は、シュトックハウゼンの元でアカデミックな音楽教育を受ける。ピアノや指揮も学び、ジョン・ケージとも交流があった。その後1960年代に渡米、スティーヴ・ライヒ、ラ・モンテ・ヤング、テリー・ライリーとも共演した。

ホルガー・シューカイ(ベース)もシュトックハウゼンの影響で電子音楽的アプローチを学びつつ、ジャズ・バンドでもプレイ。電子機器にも詳しく、後の多くのソロアルバムでもその技術が生かされた音を聴くことができる。スイスの高校に音楽教師として赴任した際、ミヒャエルと出会う。ソロ活動はカンのメンバーの中では最もよく知られている。

ヤキ・リーベツァイト(ドラムス)はチェット・ベイカー、テテ・モントリューなどと競演。ドイツの前衛トランペッター、マンフレッド・ショーフのバンドにも参加する。フリー・ジャズ・シーンで活躍。

デイヴィッド・ジョンソンは1968年に脱退。同じころ、マルコム・ムーニーがボーカリストとして参加。マルコムの独特なボーカルが、メンバーたちに「ロックバンド」への志向へ向かわせた。マルコムはファースト、セカンド・アルバムに参加したのち脱退。後任のボーカリストとして、ミュンヘンの路上でパフォーマンスをしていた日本人ヒッピーのダモ鈴木がCANに加わる。彼の個性的なキャラクターが開花し、カンの全盛時代を象徴するような存在となっていった。

DELAY1968

81年解散後に発表された未発表音源集。1st制作時のアウト・テイク。ヴォーカルはマルコム・ムーニー。ノイジーなギターにムーニーの独特のヴォーカルがマッチ。全員の演奏技術が卓越していて、全体の音は印象は荒々しいが、アルバムのまとまりは素晴らしいものがある。未発表音源ではあるが、オリジナル・アルバムに負けない、むしろそれ以上のクオリティを持ったアルバム。個人的には本作がCANの最高傑作であると思っている。

 

 

-MUSIC

© 2021 マロブログ